管理人的オススメミュージック、映画やエンタメ情報も充実ブログ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は、昭和53年7月24日生まれの28才の女性ピアノシンガーソングライター、タテタカコを紹介します。彼女は、故郷長野県飯田市を拠点として活動していて、2004年の映画「誰も知らない」に出演し、その挿入歌「宝石」を収録したアルバム「そら」でデビューしました。今年2007年には、よしもとばなな原作の映画「アルゼンチンババア」の主題歌としてアンデス民謡をベースにしたという「ワスレナグサ」が抜擢されました。有線チャートの上位にもランクインしていることから今注目のアーティストといっても過言ではないです。
先週末の5/20に「情熱大陸」という番組では、このタテタカコさんが取り上げられていました。この番組では、この春の全国ツアーにスポットを当てて、人々との出会いを通して音楽活動をしていき自分を見つめなおす彼女について紹介していました。
ボーイソプラノのような透明感をもつ歌声と独創的な世界観をもつ詩が魅力的なんて言われてたりしますが、一度聞いたら耳に残る歌声とメロディーです。自分も何度かこの曲を聞いてみましたが、飾らない彼女の真っ直ぐな気持ちが伝わって来る気がします。
やっぱり地道に音楽活動してる人の中には、こういった独特の音楽の世界観を持ったアーティストもいるっていうのが今回の歌聞いてよくわかりましたよ。
最近世に出てきたばかりで知名度もまだそんなに高くないんですが、今後期待したいピアノシンガーです。

興味のある方は、PVと共にぜひ聞いてみてください。


PVもGyaOのページから見れます。→ タテタカコ『ワスレナグサ』


タテタカコさんのオフィシャルサイト


詳しくは、情熱大陸のホームページをチェックしてみてください!CD購入したい方もどうぞ!


ワスレナグサ ワスレナグサ
タテタカコ (2007/03/07)
バップ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ♪MUSIC SUPPLY♪, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。